NPO法人 横浜こどもホスピスプロジェクトのホスピス建設を実現しよう!

チーム登録費は100%は、NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトに寄付され、こどもホスピス建設に使用されます。

私たちの目指すこどもホスピス

私たちが設立を目指す「子どもホスピス」は、看取りの場所ではなく、命に限りがある子どもと家族が楽しい時間を過ごす場所で、医療施設ではなく、おうちです。子どもは重い病気でも成長発達を続けていますので、スタッフは、その子の状況に応じた遊びや学びを、友として寄り添い支援していく場所です。万が一亡くなったとしても、家族に寄り添い続けていきます。国の制度には依拠せずに、地域で緩和ケアを実践していく在宅支援施設です。

 

こどもホスピスの特性

  • 「地域主導の理念」“Local initiative”:地域に根差した自発的な活動
  • 「施設の理念」 “Home from home”:病院でなく家である
  • 「サービスの理念」“Friendship”:友として寄り添う
  • 「事業の理念」”Free-standing”:制度に依拠しない独立した施設…財源を寄付に頼った慈善事業

課題

*我が国には治療方法が存在しない小児がんや遺伝子系、神経系、代謝系の疾患などで短命で人生を終えてしまう子どもが約20,000人存在しています。

*高度医療が進む中、こうした子どもや家族を支える仕組みがまだまだ追いついていません。

*障害者手帳を取得できる重症心身障害児には福祉制度が適用されますが、小児がんや遺伝子系、神経系、代謝系の疾患がある子どもは医療以外の支援が受けられず、在宅で家族が介護をしているのが現状です。

*子どもは、たとえ病気であったとしても成長発達を続けています。そんな子どもと家族に寄り添い楽しい時間を過ごすための在宅支援施設が、イギリスから世界へ広まっている「こどもホスピス」。でも日本にはまだ大阪にしかありません。

第2を横浜に、そして日本全国に広げていきたいと願っています。

行政、教育機関、企業、団体、地域とともにパートナーとして協力し、制度に依拠しない形で、不安の中で生活している子どもと家族に寄り添いながら楽しい思い出を作り続けていきたいと考えています。