Organizers

東京ヤマソンはIVG(インターナショナル・ボランティア・グループ)のメンバーによって運営されています。IVGは様々なチャリティー事業をサポートするボランティアグループです。 私たちは東京ヤマソン2019の公式チャリティーパートナーとしてNPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトとすばらしい関係を結びました。私たちはこれまでにプラン・インターナショナル、Nadia、オックスファム・ジャパンやMovemberのように時代をリードして活躍されている多くの団体と手を組んできました。

私たちは日本国内のみならず、世界中で起こっている様々な問題について認識を高める活動をおこない、そして必要な資金を集めるために様々な自主イベントを開催し、それらの問題解決に貢献することを目指しています。IVGの運営はすべて、世界中からやってきた、世の中をより良くすることを願っているボランティアーの皆さんによって行われています。

 

東京ヤマソン実行委員会

Joe Pournovin – Founder and CEO

Joe Pournovin –Founder and CEO

私はIVGのメンバーと共に、世界の様々な問題解決のために東京ヤマソンやSea to Summitのようにユニークなチャリティイベントを企画、検討、実行し、できるだけ多くの資金を集めることを目指しています。私たちを含め、参加者の方々にすばらしい活躍ができるような楽しい舞台を提供し、皆さんと力を出し合い、そしてイベントを通じて資金調達が実現できるということは本当にすばらしいと思います。IVGのメンバー、参加者、スポンサー、サポーター、このようなスーパーヒーローの皆様と一緒に仕事ができることを掛け替えのない喜びと思っております。私たちは斬新なチャリティーイベントを構想し、お互い励まし合いながら世の中を変えていくことを目指しています。もしあなたが、公私共に何か熱中できるもの、すばらしい人々に出会うチャンスを求めているようでしたら是非ご参加ください。


Koji Oishi – COO (Chief of Operations)

Koji Oishi – Head of Operations

私は普段エンジニアとして働いていますが、クラシック専門のピアニストでもあります。 IVGの活動に参加することで様々な素敵な人々と出会い、互いに助けあったり、様々な目標を達成するチャンスを与えてくれます。これは私が普段ピアノ演奏において、いろいろな人々と音を通じて交流したり、何か美しいものを分かち合うやり方と似ていると思います。IVGで活動することで、創造性や独創力をかき立て、世界中の人々の暮らしを調和させることができればと思います。


Mitsuhiro Honda – Chief Strategy Officer

Mitsuhiro honda – Chief Strategy Officer2014年に初めてTokyo Yamathonへ協賛企業として関与して以来、その後参加者としてもYamathonに参加し、またボランティアも経験し、とても有意義な活動であると感じたため運営側に参加することになりました。自らが楽しみながら社会貢献ができる、とてもユニークな活動です。 IVGススタッフは皆熱意にあふれ、国籍・性別を問わず個性豊かで、ともに働くことを楽しんでいます。企業、参加者、運営ボランティアのすべての経験を生かしてより多くの参加者が楽しく、安全に活動し、スポンサー企業にもメリットが生まれるより素晴らしい活動にすべく知恵を絞っています。 多くの皆さんの参加をお待ちしています。


Heena Sinha – Program Manager

インドでの投資銀行にて5年勤務した後、同じように情熱を持った人たちと世界にポジティブな変化を起こしたいと考えるようになりました。IVGはエネルギーのある、まさに、私が探していたグループだと思い、すぐに参加するようになりました。
主に、スポンサーシップやファンドレイジングを担当してします。私達がチャリティイベントを通して集めたお金が、人々の生活や人生にポジティブな変化を起こすのを実際に目のあたりにすることは、まさに人生が一転するような経験です。
是非私達と一緒にボランティアやイベントに参加して、この美しい旅を一緒に歩いていただきたいと思います。


Aki Fang – Volunteer Director

Aki Fang – Awareness Coordinator私は2010年にIVGのワークショップでJOEと知り合ったことがきっかけで、IVGのイベントをいろいろ手伝ってきました。2015年にYamathonのボランティアディレクターになってから、沢山のボランティア活動に熱心な方々に出会えました。

私たちは、Yamathonを通して少しでも世界を良い方向に変えていくように取り組んでいます。誰かの役に立ちたい方、ボランティア活動に興味を持っている方、是非私たちのコミュニティに参加してください。


Sandip Chamling Rai – IT Director

私は2016年にウエブサイト・マネージャーとしてIVGに参加しました。世界中の人々に手助けするために自らの貴重な時間を割き、懸命に努力をする他のメンバーに加わることにより刺激を受け、自分でもより多くの手助けができると思うようになりました。

私はIVGおよび東京ヤマソンのようなIVG主催のイベントのホームページの管理を担当しています。また、ボランティアや参加チーム向けの参加証やスポンサー・バナーのデザインも行っています。


Lan Tran – Diversity & Inclusion Manager

Lan Tran IVGYamathon2018収益は私の出身地のベトナムにある学校に寄付されたことで、運営チームに参加させていただくことになりました。Yamathonのおかげで、楽しくボランティアをやれるということに気が付けるようになりました。楽しければ楽しいほど寄付は大きくなると思い、参加チームやボランティアチームや運営チームにYamathon体験に楽しめるように頑張りたいと思います。 Yamathon以外は、IT企業でAIソフトを営業担当しています。


Michelle Simmer – Educational Services Coordinator

私は教師として30年間、意欲のある学生たちと一緒に世の中をより良くする活動に携わってきました。 学生たちは人々に恩返しや手助けすることを望んでいます。私はそのような学生たちを集め、ボランティア活動を組織しています。私は東京ヤマソンの新しいメンバーとして、アメリカと日本の若いボランティアグループと活動してきた経験と情熱を提供いたします


Ebony Luper – Youth Volunteer Coordinator

Ebony IVG私は教師として12年間働き、どのように生徒たちと楽しく過ごすか、利己主義の世の中においてどのように無私無欲の重要性を形にして表すことができるのかを学んできました。私たちの若いボランティアたちはインターナショナル・ボランティア・グループのメンバーが示したお手本に従って自分たちのリーダーシップ・スキルを磨くことに懸命になっております。私は東京ヤマソンのビジョンやミッションに関わる計画作成や組織運営に楽しく貢献させていただいております。

Rustic Pathwaysを通じた国際的な奉仕プロジェクトで青少年とともに働き、そしてDelta Sigma Theta SororityやIncorporatedのメンバーとなり活発に働いた経験から他人に奉仕したいという欲望が私の中に浸透していきました。私たち東京ヤマソンでのグループワークは、言わば無私無欲、謙虚さ、そしてコミュニティーが求めていることに対する気配りではないでしょうか。私はこのようなとても素晴らしいメンバーのグループに関わることができることに感謝しております。


Kaz Yamada – Design Coordinator

Kaz Yamada IVG建築デザインをしています。5年前にヤマソンに参加して以来、Joeとは良き友人のひとりとして、たまにお付き合いをさせていただいております。何かに憑りつかれたように一生懸命に活動する彼の姿を見て、何か手助けできないかと常に考えておりました。仕事も半ばリタイアし、自分の時間がやっとつくれるようになり、今回、ヤマソンの名刺デザインの依頼があり、それなら英語が苦手な自分にもできそうだと思って請けさせていただきました。 IVGでは、新参者で役にたっておりませんが、今後、何とか英語にも慣れて、IVGの一員として、デザイン以外の事もできるようになりたいと願っています。


Zain Abba – Media

Zain Abba -IVG私は2017年から東京ヤマソンのビデオ撮影をするためにIVGに参加しました。イベント中、私は奇跡を目撃し、体験しました。それは驚くべき経験であり、多くの素晴らしい参加者やボランティアが集まるイベントに参加できるという栄誉です。
以来私は東京ヤマソンやそこで出会った人々との感動やIVGの活動についてより多くの人に知ってもらうため、様々な映像コンテンツのプロデュースに継続的に参加できることに喜びを感じています。


Masaki Hashimoto – Media

Masaki IVG仕事、プレイベートにおいて人物、風景、植物、行事、料理、物撮り、モータースポーツ、鉄道などの撮影を行っています。2016年からビデオグラファーとしてヤマソンに参加。 さまざまなストーリーを持った人たちがそれぞれの楽しみ方や目標を持って毎年ヤマソンに参加しています。私はカメラマンとしてこのイベントに集う人たちが発するいきいきとした姿を作品に収め、歴史に残していきたいと思います。


 

私たちの活動に参加してみませんか?

あなたは人々に恩返しをしたりの人々の生活を良くするチャンスを探していませんか?

あなたはリーダーシップの発揮できる機会や創造力を発揮するチャンスを探していませんか?

あなたはチャリティーイベントを通じて世界を変え、新しい様々な人々と交流するチャンスを探していませんか?

IVGは私たちの独創力を広げるため、常に新しいメンバーを募集しています。 もし、私たちの活動にご興味がありましたら 、ジョー・ポーノビンまでこちらのお問い合わせフォームでご連絡をお願いします。