チャリティー

横浜ホスピスについて

あなたのチーム登録料や募金は100%認定NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトに寄付されます。 

横浜こどもホスピス〜うみとそらのおうち」は、関東で初めて、全国で2つ目の日本ではまだ珍しい子どものためのホスピスです。2021年の秋頃に開設予定です。

みなさんは「こどもホスピス」という言葉を聞いたことがありますか?ホスピスと言うと、がん患者さんの病院、というイメージを持つ人もいるかもしれません。こどもホスピスは違います。病院ではなく、ゆったりと自由に過ごせる「おうち」です。重い病気をかかえ入退院を繰り返す子どもたちは、健康な子どもたちが当たり前に楽しんでいることを、同じように楽しむことができません。

でも、子どもはいつだって遊びたいし楽しみたい!学びや遊びや、人との関わりを通して、夢を育み成長するのです。だから、「横浜こどもホスピス〜うみとそらのおうち」がめざすのは、病気とともにある子どもと家族が一緒に安心して過ごせる場所。限られた時間であっても、それが永遠に輝く思い出になるような、そんな場所になりたいと思っています。

    田川さんの挨拶文「はるかの生まれてきた意味」

    1997年に遡ります。これまで元気に幼稚園に通っていた二女はるかが6歳になったばかりの初夏の頃、朝「頭が痛い」と訴えました。

     夏も終わろうとしていた頃、ふと右足を引きずっていることに気付きました。すぐに総合病院で受診したら、担当医から画像診断の指示。MRIに映った画像を見て「脳幹に腫瘍があり、治療方法がなくあと半年くらいしか生きることができない」と告げられ状況が一転しました。

     5か月後に娘は旅立ちました。娘と過ごした時間から娘の生きた意味を考え始め、見えてきたものは当時の医療が子どもの気持ち(立場)に立っていないということでした。

     そんな時に知ったのが、命の脅かされた子どものニーズに応えるため、英国から世界に広がった「こどもホスピス」でした。日本にも作りたい。私の中でその想いが強くなっていき、そこからは幾重にもご縁が重なり、活動に賛同する多くの方々に支えられながら、独立した組織としてNPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトが始動しました。

     子どもたちは「今」を生きている。病気にとらわれずに、ひとりひとりの命の可能性を大切にしてほしい。子どもとご家族を孤立させず、みんなで優しく支える社会になってほしい。それが、娘・はるかが気づかせてくれた私たちの宿題だと思っています。

     「この瞬間を笑顔に!みんなで支えて叶えたい。」

    皆さんも、是非、一緒にこどもホスピスを作り育てる仲間になってください。

    認定NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト

    代表理事 田川 尚登

    Loading...