法人横浜こどもホスピス

あなたのチーム登録料や募金は100% NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクトに寄付されます

関東で初めて、全国で2つ目の子供ホスピスの建設に

こどもホスピスとは –

  • 重い病気と闘う子供たちと、その家族に、笑顔と思い出を創り、夢を育み護る場所
  • 同じような境遇にある子供たちが友達を作れる場所
  • ご家族が子供たちと楽しい時を過ごし、お子さんが亡くなったあともご家族のネットワークを通じて癒しを提供する

田川さんの挨拶文「はるかの生まれてきた意味」

1997年に遡ります。これまで元気に幼稚園に通っていた二女はるかが6歳になったばかりの初夏の頃、朝「頭が痛い」と訴えました。

夏も終わろうとしていた頃、ふと右足を引きずっていることに気付きました。すぐに総合病院で受診したら、担当医から画像診断の指示。MRIに映った画像を見て「脳幹に腫瘍があり、治療方法がなくあと半年くらいしか生きることができない」と告げられ状況が一転しました。

5か月後に娘は旅立ちました。娘と過ごした時間から娘の生きた意味を考え始め、見えてきたものは当時の医療が子どもの気持ち(立場)に立っていないということでした。

「横浜こどもホスピスプロジェクト」は命の脅かされた子どものニーズに応えるため、英国から世界に広がった「こどもホスピス」を横浜に設立するために設立されました。こどもホスピスは諦めの場ではなく子供や家族の「家」であり、安らぎや静養の場所、とりわけ喜びや楽しみの場所です。私はこのプロジェクトが必ず実現し、私の娘のつらい経験が意味のあるものになることと信じています。私たちはあなたがこの活動に参加し、実現に向けてご協力いただけることを願っています。

NPO法人横浜こどもホスピスプロジェクト 代表理事 田川尚登