主催者のご紹介

東京ヤマソンは一般社団法人インターナショナルボランティアグループ(IVG Japan)が主催しています。 私たちは社会に素晴らしいインパクトをもたらすべく全国の慈善団体を支援する集団で、夢と熱意溢れる多様な国籍を持つメンバーによるボランティアグループです。チームワークを重視し、エキサイティングなチャレンジを通じて 独自の資金調達方法や支援方法を考案することで、参加者、寄付者、受益者、協賛社の繋がりを強めながら募金(ファンドレイジング)とその啓蒙活動を行っています

ヤマトンチームに連絡する

JOE POURNOVIN

FOUNDER AND CEO

私はIVGのメンバーと共に、世界の様々な問題解決のために東京ヤマソンやSea to Summitのようにユニークなチャリティイベントを企画、検討、実行し、できるだけ多くの資金を集めることを目指しています。IVGのメンバー、参加者、スポンサー、サポーター、このようなスーパーヒーローの皆様と一緒に仕事ができることを掛け替えのない喜びと思っております。

私たちは斬新なチャリティーイベントを構想し、お互い励まし合いながら世の中を変えていくことを目指しています。

Mitsuhiro Honda

Chief Strategy Officer

2014年に初めてTokyo Yamathonへ協賛企業として関与して以来、その後参加者としてもYamathonに参加し、またボランティアも経験し、とても有意義な活動であると感じたため運営側に参加することになりました。自らが楽しみながら社会貢献ができる、とてもユニークな活動です。 IVGスタッフは皆熱意にあふれ、国籍・性別を問わず個性豊かで、ともに働くことを楽しんでいます。

企業、参加者、運営ボランティアのすべての経験を生かしてより多くの参加者が楽しく、安全に活動し、スポンサー企業にもメリットが生まれるより素晴らしい活動にすべく知恵を絞っています。 多くの皆さんの参加をお待ちしています。

Heena Sinha

Program Manager

インドでの投資銀行にて5年勤務した後、同じように情熱を持った人たちと世界にポジティブな変化を起こしたいと考えるようになりました。IVGはエネルギーのある、まさに、私が探していたグループだと思いました。

主に、スポンサーシップやファンドレイジングを担当してします。私達がチャリティイベントを通して集めたお金が、人々の生活や人生にポジティブな変化を起こすのを実際に目のあたりにすることは、まさに人生が一転するような経験です。

SANDIP CHAMLING RAI

IT Director

私は2016年にウエブサイト・マネージャーとしてIVGに参加しました。世界中の人々に手助けするために自らの貴重な時間を割き、懸命に努力をする他のメンバーに加わることにより刺激を受け、自分でもより多くの手助けができると思うようになりました。

私はIVGおよび東京ヤマソンのようなIVG主催のイベントのホームページの管理を担当しています。また、ボランティアや参加チーム向けの参加証やスポンサー・バナーのデザインも行っています。

Zain Abba

Media

私は2017年から東京ヤマソンのビデオ撮影をするためにIVGに参加しました。イベント中、私は奇跡を目撃し、体験しました。それは驚くべき経験であり、多くの素晴らしい参加者やボランティアが集まるイベントに参加できるという栄誉です。

以来私は東京ヤマソンやそこで出会った人々との感動やIVGの活動についてより多くの人に知ってもらうため、様々な映像コンテンツのプロデュースに継続的に参加できることに喜びを感じています。

Patrick Loyer

Volunteer Director

私は 2015 年にボランティア活動に参加し、素晴らしい時間を過ごしました。元気いっぱいのボランティアの皆さんと一緒に、明るく楽しい一日でした。逆境の中、頑張ってくれた皆さんの笑顔と、サポーターの皆さんの応援のおかげで、思い出に残る一日になりました。

Isshin

Relations Manager

私は2015に留学で来日し学生時代から5年以上のボランティア活動を経験してきました。卒業後に地図サプライヤーで働いて3年経った頃、ようやく仕事が落ち着き、プライベートの時間に困った人のために少しっでも力になりたくて、自分のような海外から来た人同士が集まるボランティアグループを探し、IVGと出会えました。 IVGは長年をわたりTokyo Yamathonなどのイベントを通し横浜こどもホスピスにファンドを集めています。私はその中でホスピスとスポンサーとの連携を強化するための活動などをお手伝いしています。 興味ある方、ぜひイベントへのご参加または我々のボランティアになって頂けたら嬉しいです!

私たちのチームに参加しませんか?

私たちは、この正当な目的のために私たちを助けることができる新しいメンバーを常に受け​​入れています。